大阪市の不用品回収業者なら自宅の掃除も的確に進めることが可能

夫婦

不用品回収をする時に注意したいこと

世帯主が亡くなった時に困るのが、故人が所有していた物をどう処分するかです。自宅や預貯金など法定相続人が相続税を払った後に引き継ぐことになります。一方で故人の細々した持ち物はどういう手順で処理すればいいのでしょうか。
亡くなった人の持ち物や遺族が引き取ったり処分する事を不用品回収といいます。不用品回収には期限がありませんので、遺族が時間をかけて相談しあえばいいのですが、故人が一人暮らしで住居が賃貸だった場合は、あまりゆっくりしていられません。人が住んでいようが住んでいまいが家賃は払い続けなければなりません。
貸し主の方も早く不用品回収をしてもらって借家契約を打ち切り、次の人に貸して家賃収入の確保をしたいと思っています。だからといって、すべてをごみ扱いにして不要品回収業者に任せるのもリスクがあります。絶対捨ててはいけないものまで捨てられる可能性もあります。
そのため、不用品回収をして絶対捨ててはいけないもの、例えば、現金および預貯金や印鑑、身分証明書などの貴重品は処分せずに持っておく必要があります。不要品なものはリサイクルショップで買い取ってもらうこともありでしょう。

Topics

不用品回収業者に頼んだ場合の平均作業時間

不用品回収は遺族自身でやるのは辛いものです。故人との思い出が蘇り、整理の作業もなかなか進まないことでしょう。それに不用品回収というのは滅多にあることはないですので、大抵の人はやり方が分らないのが…

more

不用品回収に関する問題

高齢者社会が進む日本で今直面している問題が不用品回収です。その原因は、増える高齢者に対して少子化が進み、一人暮らしの孤独死や無くなった後のゴミ屋敷化です。【一人暮らしの孤独死】ご家族や親…

more

不用品回収業者を選ぶなら

昔は不用品回収と言えば、ご遺族の手で行うのが主流でした。しかし最近は不用品回収を専門にしている業者が増えてきたという背景もあり、業者に依頼するというケースも増加しています。不用品回収業者の中には…

more

不用品回収をする時に注意したいこと

世帯主が亡くなった時に困るのが、故人が所有していた物をどう処分するかです。自宅や預貯金など法定相続人が相続税を払った後に引き継ぐことになります。一方で故人の細々した持ち物はどういう手順で処理すれ…

more